葉酸を産後や授乳期間に飲む必要性は?

妊娠をしたら葉酸を摂取する事は、よく耳にするようになりましたよね。母子手帳などにも書かれるようになり、多くの方が知っていることとなりました。

しかし、産後や授乳期間にも摂取する必要性があるのでしょうか。それらの事についてご紹介していきます。

 

授乳中は十分な栄養を蓄えておく必要がある

出産後の赤ちゃんの主な栄養源は、母乳や粉ミルクとなります。母乳を与える場合には、母親の栄養素を赤ちゃんに分け与えるという事となりますので、母親は十分な栄養を蓄えておく必要があるのです。

実は、母乳はもともと血液から作られているのですが、母乳が白いのは、赤血球の成分が含まれず血液中にあるタンパク質や白血球や、乳房で作られたアミノ酸から作られているためなのです。

赤ちゃんは細胞分裂を繰り返し大きくなっていくのですが、その細胞分裂に最も必要となる栄養素が葉酸なのです。赤ちゃんは葉酸を不足してしまうと成長が遅れる傾向にあるのです。赤ちゃんは授乳でしか栄養を摂り入れる事が出来ないので、授乳期間には母親がしっかりと葉酸を摂取しておかなければいけないのです。

厚生労働省も、授乳中の母親の葉酸の摂取を推奨しています。摂取する量は、最低でも280マイクログラム摂取して、可能ならば500マイクログラム摂取するのがいいです。

食べ物で摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを活用して摂取する方法もありますので、試してみてください。

 

葉酸不足がホルモンバランスを崩す原因に!

葉酸には、ホルモンのバランスを整える作用もあるのです。妊娠中に分泌されていたホルモンは、出産をする事で通常時のホルモンに急に入れ替わります。そのため、この時期に葉酸が不足してしまう事によって、ホルモンバランスを崩しやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、毛が抜けたり、むくみが出たり、産後のうつになったりしますくなりますので注意が必要となります。

また葉酸は、産後の子宮の回復するのにも効果があります。葉酸には新しい細胞へと生まれ変わらせる働きがあるため、出産によって大きな負担が与えられた子宮の細胞分裂に働きかける事によって、子宮を元の状態に回復させてくれます。

また、葉酸は血流を良くする働きもあるため、母乳をしっかりと作るのもサポートしてくれるのです。母乳が良く出ると、赤ちゃんも母乳を吸う回数が増える事から、子宮収縮促進の効果もあると考えられます。

これは、赤ちゃんの母乳を吸う刺激によって、オキシトシンの分泌がよくなる作用があるためです。これらのように妊娠中も産後にも効果のある栄養素なので、積極的に摂取していきたいものですよね。

 

コメントは受け付けていません。