葉酸サプリは授乳中も飲んだ方が良いの?

妊娠超初期から葉酸を積極的に摂取した方がいいのは広く知られるようになってきました。

しかし、授乳中にも積極的に摂取した方がいいのかどうか意外と知られていないと思います。

今回は授乳中の葉酸サプリについて考えてみたいと思います。

 

授乳中も葉酸サプリがおすすめ!

葉酸を摂取することのメリットについてご存知でしょうか。

胎児の障害のリスクを下げることが一番よく知られているかと思いますが、その他にも貧血やシミ、気分の落ち込みにも効果が期待できます。

産後の自分自身を振り返ってみましょう。

血液からできる母乳を毎日、昼も夜も数時間置きに与え、常に寝不足気味で気分が沈みやすく、育児ノイローゼ気味かも・・・と思うこともあるでしょう。

また、出産の前後から、紫外線を吸収しやすく、妊娠前に比べシミも出やすくなり、忙しい合間を縫って日の光の中でしっかりと鏡を見たときにぎょっとすることもあるかしと思います。

そんな産後の悩みに合致する栄養素が葉酸なのです。

栄養素なのだから食事から摂取すればいいと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、毎日の育児を振り返り、泣き、グズリ、後追いし、常にかまってほしいというオーラを出している赤ちゃんを前に、離乳食こそしっかり作るけれど、自分自身の食事はおろそかになっている方も多いと思います。

また、授乳中は出産前に思っていたよりも乳腺炎予防などのために食事の制限も多いです。

そのような食生活だからこそ、コンスタントに摂取できる葉酸サプリがオススメです。

 

不安な場合は医師に相談

20160303_02

授乳中は、自分の血液から作られた母乳を子供が飲むので、薬も医師や薬剤師の確認を取った方がいいというし、サプリもなんだか不安、と思われる方も多いと思います。

自分自身の体よりも、大切な赤ちゃんへの影響が気になるのは当然かと思います。

しかし、思い出してみてください。

葉酸サプリは妊娠超初期から摂取が推奨されるサプリです。絶対過敏期と呼ばれる妊娠二ヶ月目は、胎児の大切な器官が発生し、分化する期間です。

この時期は薬の服用に最も注意が必要であると言われる時期ですが、その時期でも葉酸サプリの摂取は可能であり推奨されています。

ですので、授乳中の摂取ももちろん可能ですので、安心してください。

また、母乳育児ではどうしても子供が貧血気味になりやすいとも言われています。

母体への貧血予防に効果が期待できる葉酸の積極な摂取により、間接的に子供への影響も期待できるかと思います。

色々とマイナートラブルに襲われがちな授乳期間ではありますが、食事からの摂取以外も安心して葉酸サプリを摂取し、ママの笑顔でお子様を優しく包み込んであげてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。