葉酸の1日の摂取量は?

葉酸の摂取量には性別や年齢、また女性であるならば妊娠しているのかそうでないのか、また、妊娠しているのならばその経過時間によって変わってきます。それぞれが自分が摂取すべき摂取量を正しく理解していることが大切です。

葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種でありDNAを含む核酸の合成や細胞分裂に必要であり、造血作用もあるので、我々にとって大切な栄養素です。特に妊娠中は胎児の成長のためにかかせない栄養素とされています。ビタミン12と共に、前述した通り骨髄で赤血球をつくる造血作用があります。よって葉酸が欠乏すると巨赤芽球と呼ばれる赤血球のなりそこないが生成され、貧血になりやすくなります。

また、女性は妊娠した時により多くの葉酸を摂取することが大切です。

  • 妊活中~3カ月 => 1日0.4μg
  • 妊娠中期~後期 => 0.24μg
  • 授乳期 => 0.1μg

 

また、男性にも必要な栄養素で、女性の不妊などは男性側にも問題があることも少なくありません。葉酸は水溶性ビタミンであるので基本的に過剰に摂取したとしても対外に排出されるので問題はありません。それでもやはり過度な過剰摂取は危険が伴います。そうならないためにもサプリメントを上手に利用し、適切な摂取量を守り、効率よく摂取していくことが大切です。

男性の場合は、1日0.24μg摂取することが推奨されています♪

効率良く葉酸を取り入れるには?

では、効率よくかつ上手に葉酸を取り入れるにはどうしたら良いのでしょうか?

食事で摂取するにはやはりどうしても限界があるので、サプリメントを使って補うことが大切です。また、サプリメントには、天然葉酸を元につくられた葉酸サプリメントと合成葉酸を元につくられたサプリメントの二種類があり、それぞれに特徴があります。

天然葉酸と合成葉酸選ぶならどっち?

nayamiさて、それではどちらのタイプのサプリメントが良いのかそれぞれの特徴を元に考えていきます。

はじめに、厚生労働省は合成葉酸を摂取することを推奨しています。天然だと吸収率が合成のものより劣るということを理由の一つにしています。また天然のものは熱にとても弱いです。そういった面でも合成タイプの方がお勧めされています。

また、天然の方が合成よりも成分上安心で、安全ではないかという人がいますが、天然由来品が合成のものより品質や安全性が高いという証拠はありません。また天然由来品は天候や気候の変化をより大きく受けてしまいます。

こういった点から、天然より合成されたものをサプリメントからとることをお勧めします。正しい摂取量を守り効率的に摂取していきましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。