男性不妊かも?精子検査した方が良い?

結婚して2年経過した段階で妊娠の兆候がない場合は不妊と定義され、女性だけでなく男性不妊の疑いがあるとして精子検査する可能性があります。

もしかしてと心当たりがあるなら対策を講じませんか?検査する前にやるべき事がありますよ!

結婚して2年経過した段階で妊娠の兆候がない場合は不妊と定義され、女性だけでなく男性不妊の疑いがあるとして精子検査する可能性があります。もしかしてと心当たりがあるなら対策を講じませんか?検査する前にやるべき事がありますよ!

精子検査

男性不妊の検査方法の一つに精子検査がありますが、自分で検査すると申し出たとしてもどうしても恥ずかしい気持ちになり抵抗を感じます。

ですが、やはり自分が原因であるとは言われたくないのが現実ですから検査する前に葉酸を飲んでみませんか?

 

葉酸で手軽に不妊治療

女性が妊活で葉酸を摂取する事は良く聞きますが、実は男性も摂取する事で多大な利益を得る事が出来るのです。葉酸を摂取すると女性は卵子の質を高める事が出来ますが、男性の場合は精子の質を向上させる事が出来ます。

どこにも異常がない健康な男性でも1~4%の精子に染色体異常がありますが、精子の質を向上させる事によって染色体異常を減らすだけでなく、運動機能の高い精子も多くなるので受精率が格段にアップします。

受精率がアップするという事は不妊も解消されますので、検査する気持ちの整理がつかないなら、まずは葉酸を摂取して妊活に挑んでみませんか?パートナーと一緒に葉酸を摂取すると、妊娠に積極的だと感じてもらえるだけでなくパートナーの気持ちの支えにもなれますので一石二鳥です。

検査となると時間や費用もかかりますので、検査は最善を尽くしてからでも良いのでは?パートナーに促されて精子検査を行ってみたら、男性不妊と診断された方はいませんか?

 

原因がわかったら前向きに!

落ち込む気持ちは判りますが、原因が判ったら前向きに解決へ進んでみましょう。

検査方法は精子をマスターベーションなどで採取して提出になりますが、奇形率は96%未満・運動率は40%以上・3900万以上の精子数が正常値になります。ここで奇形率ですが健康な男性でも1~4%は染色体異常が現れますので、その時は男性不妊と診断されても精子は日々生産されるモノでストレスや疲労によって質は上がったり下がったりします。

 

葉酸を積極的に摂取する

数値が多少悪くても落ち込むなかれ、よほど数値が悪く治療を要するケース以外はおそらく医師に生活習慣を見直すように指示されると思いますが、葉酸を積極的に摂取する事で改善する可能性があるとご存じですか?

葉酸を精子が生産される3か月前から1日240マイクログラム程度摂取して、精子の質を向上させる事で男性不妊を乗り越える事が出来るかもしれません。摂取が不足するとDNA情報を正常に伝えられないなど以外にも受精率が下がりますので一度試してみてはどうですか?

 

コメントは受け付けていません。