35歳以上の高齢出産にはリスクがあるの?

私たちが生きるこの現代社会では、35歳以上の高齢出産を経験する女性が年々増加しています。高齢出産の場合、母子ともに身体への負担が大きく命の危険にさらされるリスクが高まります。

ここでは、どのようなリスクがあるのか具体的に解説していきます。

 

高齢出産のリスクとは?

高齢出産のリスクとして、主に次の点があげられます。

「流産」、「胎児の先天性異常」、「妊娠高血圧症候群」です。

流産する確率は全体で10~15%と言われていますが、30代では20%、40代では40%と年齢が上がるにつれて大幅に上昇します。老化により、卵子を活性化するミトコンドリアの量と質が低下して、エネルギーが不足することが流産に繋がるのです。また、染色体異常のある卵子が増加し、妊娠する力を持った卵子が減少するため妊娠の確率が低下します。

染色体異常によって引き起こされる疾患にダウン症があります。父親と母親から受け継ぐ染色体は同数ずつでなくてはなりませんが、一方に偏って分配されてしまうことがあります。分配を誤った卵子は受精したとしても大半は死んでしまい流産に至ります。生き残り出産した場合、子供はダウン症などの先天性疾患を持って生まれてきます。母親の出産年齢が高いほど子供のダウン症発症の頻度が高いと言われています。

高齢の妊婦がかかりやすい病気に妊娠高血圧症候群があります。重症化すれば母子の命にかかわる危険な病気です。妊娠中期以後に高血圧、尿たんぱく、むくみのいずれか一つの症状が見られれば妊娠高血圧症候群である可能性があります。子癇と呼ばれる痙攣発作が長く続けば死亡してしまうことも少なくありません。胎盤が出産前に剥がれてしまうこともあり、出血多量で母子ともに危険な状態になります。

 

高齢出産のリスクを受け止める

不況の波に揉まれ子供を育てる経済的余裕がないことや、上司や同僚から産休に対する理解を得られず職場復帰が難しいことが高齢出産を余儀なくさせています。適齢期での出産が難しい現状では、35歳以上での出産は当たり前となり、高齢出産に対してためらいのない女性が増えていくかもしれません。

しかし、高齢出産のリスクを明確に把握している女性はそれほど多くありません。将来的に出産を考えている女性は、それらの情報を事前に理解した上で自身の人生設計をする必要があります。

マイナスイメージの多い高齢出産ですが、健康的な子供が生まれたケースも多く存在しますから不安を感じすぎることはありません。医療技術の進歩によって昔よりも格段に安全性が高まっています。出産に必要な経済力、気力が十分に備わっている点が高齢妊婦のメリットです。しかし、出産は多大な体力を要しますから、若い母体に比べ危険性が高くなってしまうことはしっかり受け止めなくてはなりません。

ストレスを溜めないこと、十分な栄養を取ること、適度な運動を心がけることなど、注意して健康管理することで回避できるリスクもあります。安全に出産するために、何より自分自身の身体を労わることが大切です。

 

コメントは受け付けていません。