不妊や妊活時に男性の葉酸摂取は必要?【サプリメントの選び方】

不妊や妊活中の女性には、葉酸摂取が大切だと言われています。

でも、実は女性だけでなく男性にも葉酸摂取が大切だということが最近の研究で分かってきました。

赤ちゃんを迎えるために必要な準備期間である妊活。男性も女性も一緒に協力し合うことが大切なようです。

不妊や妊活活動は女性がするもの?

不妊に悩んでいたり、赤ちゃんが欲しいと思って準備する妊活は、どちらかというと女性の方が中心に動くことが多いようです。確かに、赤ちゃんを育む母体の状態は非常に大切で、体調や栄養状態が妊娠しやすいかどうかに関わることは確かです。

妊娠や胎児の健康に大きく関わる栄養素として注目されているのが、葉酸です。

葉酸は、ビタミンB群の一種で、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれています。厚生労働省は、妊活や妊娠中の女性に一日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸は、新陳代謝を促して新たな細胞を作り出す働きをします。そのため、卵細胞の分裂に大きく関わっており、葉酸が不足すると不妊の原因になります。また、妊娠中に不足すると神経管閉鎖障害という胎児が奇形になるリスクも高まります。

これらの理由で、女性は妊娠の一か月前には葉酸を摂取した方が良いとされています。

では、不妊や妊活中の男性は、何もしなくてもよいのでしょうか?実は、最近の研究で、男性が不妊や胎児の健康に大きく関わっていることが報告されています。

男性にも葉酸が大切

妊活中の男性にも、葉酸が大切だということが分かっています。

葉酸は細胞分裂に大きく関わっている栄養素です。それは女性の卵子だけでなく、男性の精子にも同じことが言えます。健康な状態で正常に細胞分裂を繰り返した卵子と精子が受精すれば、神経管閉鎖障害などのリスクは低くなります。

意識的に葉酸を摂取する女性に比べて、あまり気にしない男性は葉酸不足の場合が多く、不妊や胎児の奇形の原因が男性にあることが多いという報告もあります。

精子がつくられるのは3か月前からと言われています。そのため、不妊や妊活中の男性は、余裕を見て妊娠する約4か月前から葉酸を摂取する必要があります。

20160206_05

葉酸は、緑黄色野菜に含まれていますが、熱に弱く、水に溶けやすい性質のため、普段の食事から摂るのはかなり難しい栄養素です。

男性の場合、女性の摂取量の約半分(一日当たり240μg程度)で良いとされていますが、それでも食事から摂取するのは難しい量です。

そのため、葉酸サプリから摂取するのが一般的です。

葉酸サプリには天然葉酸と合成葉酸のサプリがあります。

合成葉酸は、体内利用効率が高いため、厚生労働省も合成葉酸を推奨しています。また、葉酸と一緒に亜鉛や鉄分、カルシウムなど良質な精子を生み出すために必要な栄養素をあわせて摂取することで妊娠しやすくなり、健康な赤ちゃんが育ちやすくなります。

コメントは受け付けていません。