妊活中と妊娠中の葉酸の摂り方の違いとは?

赤ちゃんが欲しいと願う人も、妊娠している女性にも、積極的に摂ってほしい栄養素に葉酸があります。

赤ちゃんを健康的にお腹の中で育てて、元気に生むためには必要な栄養です。

普段の食事ではなかなか摂る事が難しいので、サプリメントなどから積極的に摂ってほしいです。

 

妊活中の葉酸の摂り方

赤ちゃんが欲しい、妊活中の女性にも葉酸は大事な栄養素です。妊活中に葉酸を摂ると、着床しやすい体を作ってくれるので妊娠がしやすくなります。

女性だけに効果があるだけでなく、妊娠を望んでいる男性にも良質な精子を作る働きをしているので男性にも効果があるので、夫婦揃って葉酸を摂るとなお効果があります。

妊娠初期に体内で葉酸が不足していると、胎児が流産や死産になってしまったり奇形児が生まれてしまう可能性が高いです。

妊娠はすぐには分からないので、妊娠する前から葉酸を積極的に摂ることでリスクを回避、軽減することが出来ます。

いつ妊娠をしてもいいように赤ちゃんが欲しいと思う人はそう思った時から積極的に摂りましょう。

葉酸は、ほうれん草やブロッコリー、モロヘイヤなど野菜に多く含まれていますが、1日に必要な摂取量を食事から摂り入れようと思っても量が多く、毎日となるとなかなか続けることも難しく、熱に弱いので火を通すと半分以上失われてしまいます。

毎日無理なく摂るには、吸収率も高く、簡単に摂ることが出来るサプリメントがおすすめです。

 

妊娠中はよりたくさんの葉酸が必要

20160214_14

妊娠中には、妊活中以上に葉酸が必要になってきます。

特に、妊娠1カ月から3カ月の間は大事な栄養素で、通常時よりも1.5倍程必要になってきます。

妊娠中毒症や、悪性貧血を防いでくれる効果があります。

3カ月前後に起こりやすいつわりも葉酸を摂ることで軽減されます。葉酸に含まれるビタミンB系やビタミンK系が効果があると言われています。

つわり時でも、サプリメントなら水と一緒に飲むだけでいいので取りやすいです。

妊娠時に葉酸が不足することで、低体重児が生まれやすくなりますが、必要な葉酸を摂っていれば造血効果のおかげで赤ちゃんに十分栄養がいきわたるので健康な体で生まれてくる事が出来ます。

鉄分不足も解消してくれるので、妊娠時に起こりやすい氷食症やむずむず症候群の予防も出来ます。

妊娠時も食事だけでは、葉酸を十分に摂取することが難しいので妊活中と同様サプリメントで摂ることがおすすめです。

ただし、お腹に赤ちゃんがいるのでどれでも飲んで良いという訳ではありません。成分をしっかりみないと赤ちゃんに悪影響が出る可能性もあります。

妊娠中に飲むサプリメントは必ず無添加のものを選ぶことが大事です。

コメントは受け付けていません。