妊娠中に貧血に注意する理由とは!?

せっかく授かった赤ちゃんを元気に出産するためにも妊娠中の貧血には、十分に注意しなくてはなりません。なぜなら、赤ちゃんの発育に問題が出てきたり、出産時のトラブルが起きやすくなるからです。

もし、貧血になってしまったら、お薬の服用や食生活の見直しなどきちんと対処してきましょう。

 

貧血が悪化するとお腹の赤ちゃんの成長にも影響が!?

妊娠中にお母さんの体の中の血液はたくさん作られるものの、赤血球がそれほど増えず、血液濃度が薄くなります。また、お腹の赤ちゃんにも血液が必要になるので、貧血になりやすいと言われています。

定期検診で、お医者さんに鉄剤を処方されたのに、便秘がちになるから・・・などの理由で飲まなくなってしまう方もいますが、要注意です。

貧血が悪化するとお腹の赤ちゃんの成長にも影響が出てしまいますし、出産時の出血に対応できなくなってしまうこともあります。

また、お腹が大きくなった時に貧血でふらついて倒れてしまうようなことがあると、赤ちゃんが非常に危険です。貧血による運動不足から、出産時に必要な体力が保てなくなるなど間接的な問題も出てきます。産後の回復も遅くなってしまうでしょう。このように、貧血は多くのリスクがあるのです。

大切な赤ちゃんのためにも、処方されたお薬は正しく飲んで、症状を改善していきましょう。お薬が合わない場合は、お医者さんに相談すれば別のものに変えてもらえることもあります。自分で勝手に判断しないことが大事ですね。

 

貧血対策はできるだけお早めに♪

妊娠中の貧血に早めに対応するためにも、日常生活で取り組めることはやっておきたいですよね。なかなか、自覚症状のない人も多いのですが、一般的には、めまいや動悸、息切れ、体のだるさを感じるなどの症状があります。

もちろん、定期検診で血液検査をしますのでその数値で、はっきりわかりますが、妊娠がわかったらすぐにでも、食事の改善などはじめられるといいですね。

軽度の貧血であれば、食生活の見直しで改善される場合もあります。鉄分を豊富に含んだ食材を取り入れ、バランスのいい食事を心がけましょう。特にひじき、小松菜、わかめや海苔、高野豆腐やホウレンソウなど、おすすめの食材は多数あります。

重度の貧血は、未熟児出生のリスクも上がります。血液不足によって出産時の出血で輸血の必要性が出てきたり、母乳は血液から作られるので、母乳のでも悪くなるなどの報告もあります。貧血は百害あって一利なしです。

これらのことからも、妊娠中の貧血には、十分に気を付けたいものです。大事な赤ちゃんと自分を守るためにも、正しく対処していきたいですね。

 

コメントは受け付けていません。