妊娠中に避けたい食品ってどんなもの?

妊娠中には葉酸やカルシウム、鉄分など積極的に取り入れたい食品はありますが、逆に避けたい食品とは、どんなものがあるのでしょうか?

アルコールやカフェイン、生ものは、基本的にNGですが、食べる量を注意して摂取したら、OKの食品もあります。特に胎児の器官形成が行われる妊娠初期には、より注意が必要です。

 

「生もの」は避けるべき

妊娠中にまず「生もの」は、避けたい食品です。

生ものがなぜNGなのかというと、トキソプラズマやサルモネラ菌といった微生物による感染の危険性があるからです。妊娠中にトキソプラズマに感染した場合、胎児の発達障害や脳性まひなど先天性の障害を与える可能性があります。ただお肉につくこの寄生虫は、加熱すれば大丈夫ですので、肉は良く焼いて食べましょう。

生玉子や刺身は、食中毒の危険性があります。妊娠中は免疫が弱く感染しやすいうえ、食中毒による下痢や嘔吐によって、胎児の発育に影響が出たりもします。刺身やお寿司は「新鮮な物」は食べても構いませんが、なるべく加熱処理をするのが安心です。

また、生ガキなどの貝類は、ノロウイルスの感染症が心配です。感染すると発熱したり腹痛が酷くなるので、胎児にも良くないですし、自身もお薬を飲めず辛いので避けた方がよいでしょう。

厚生労働省が公表!

厚生労働省が公表しているのでご存じの方も多いでしょうが、「水銀」を含む大型の魚は、胎児に直接影響するので控えましょう。具体的には、マグロ、メカジキ、キンメダイなどは週1回ならOK、クロムツ、キダイ、マカジキなどは週2回までと定められていますので、こういった魚がお好きな方は、詳しく厚生労働省のHPをチェックされるとよいでしょう。

 

生もの以外に避けたい食品は?

生ものや魚の他にも、避けたい食品はあります。

まずは「ビタミンA」を多く含む食品です。特に妊娠3カ月までのビタミンAの過剰摂取は、胎児に奇形を起こす可能性があることが分かっています。ビタミンAが多く含まれる食品は、レバー、うなぎ、あゆ、ほたるいか、あん肝、フォアグラなどです。これらの中には、鉄分やカルシウムなど妊婦に必要な栄養素も含まれていますので、妊娠中期以降は分量に注意して食べるのが良いでしょう。

また、カルシウムが多く含まれるチーズですが、加熱殺菌されていないカマンベールやブルーチーズといった、ナチュラルチーズは菌による感染症の恐れがあるので、プロセスチーズを選ぶようにしましょう。

塩分過多や化学調味料の使われるレトルト食品、市販の弁当やお惣菜、高カロリーの揚げ物、お菓子類などは、子供が生まれてからは特に気をつけたい食品ですし、妊婦の栄養面や体重管理にも大きな影響を及ぼしますので、考えて摂取したいですね。

アルコールやコーヒー、チーズにお刺身と大好きな物を制限され、ストレスが貯まる妊婦さんも多いかもしれません。欧米ではグラス1杯のワインはストレスを 貯めるぐらいならOKという国もありますし、神経質になる必要はありません。

自分の心と体に相談しながら、過剰摂取は避けて、上手く取り入れていきたいも のです。

 

 

コメントは受け付けていません。