安全な葉酸サプリを選ぶためのチェックポイント!

葉酸は、おなかの赤ちゃんが神経管閉鎖障害となるリスクを軽減する栄養素として、厚生労働省が積極的な摂取を勧めています。

ほうれん草などの緑の野菜に含まれていますが、成分が壊れやすいため、食事からの摂取だけでは必要な量を取ることができません。そのため、厚生労働省でもサプリメントからの摂取を推奨しています。

サプリメントからの摂取はとても手軽ですが、妊娠を待っている方や妊娠中の方にとって、安全なサプリメントかどうかはとても気になりますよね。赤ちゃんのためにも、自信を持って、安全といえる葉酸サプリを選びたいものです。

 

葉酸サプリを選ぶ大切な3つのポイントとは!?

葉酸サプリを選ぶときの基準の中で、大切なポイントが3つあります。

葉酸の型

葉酸には「ポリグルタミン酸型」と、「モノグルタミン酸型」とがあり、モノグルタミン酸型の方が体内への吸収率が高いという特徴があります。

葉酸サプリの多くはモノグルタミン酸型ですが、こちらの型はさらに「天然由来」と「化学合成」に分けられます。化学合成の葉酸については、赤ちゃんのぜんそくのリスクを高めるという研究結果も発表されていることから、安全性の点からも天然由来のサプリメントを選ぶことが大切です。

添加物が少ない

二つ目のポイントは、添加物が少ないということです!

他の食品を選ぶときも同じですが、含まれている添加物が少ない方が安心ですよね?

添加物の中には、お母さんへの影響は少なくても、赤ちゃんにとっては、未熟な肝臓に負担がかかるものもあります。食品添加物の種類はとても数が多く、すべてをチェックすることは難しいので、添加物そのものが少ないサプリメントを選ぶと安心です。

薬との相性に注意

服用している薬との相性に注意するという点です。

妊活中、妊娠中にかかわらず、病院で飲んでいる薬が、葉酸の吸収率を下げたり、場合によってはお母さんの体にも影響を与えたりすることもあります。

服用している薬がある方は、葉酸を飲む前にかかりつけの医師に必ず相談してくださいね♪

 

コメントを残す