葉酸サプリ以外に必要なビタミンは?

葉酸は、妊活している方や妊娠中の方にとって、とても大切な栄養素です。厚生労働省では、妊娠を計画している女性たちに、栄養補助食品からでも1日0.4mgの葉酸を摂取するよう呼びかけがあるほど。

葉酸サプリ以外にも、妊娠中の方には、ほとんどのビタミンが必要になりますが、どのようなビタミンが必要なのでしょうか?

葉酸は細胞の発育を促す働きを持っており、妊娠4週間前から毎日0.4mg摂取することで神経管閉塞障害の発生率を下げることで知られています。妊娠されている方は、積極的に葉酸サプリなどで摂取することがすすめられています。葉酸を含むビタミン類は、妊娠している女性そして妊活をしている女性にとって必要な栄養素です。

どのビタミンがおすすめ?

葉酸以外で、意識して積極的に摂るべき栄養素としてあげられるのは、ビタミンB12ビタミンB6などです。

ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と共に、赤血球内のヘモグロビンの合成を促進する作用があります。葉酸には造血を促す作用がありますが、この栄養素と葉酸は互いに補い合っている関係なので、葉酸と一緒に摂る必要があります。しじみやあさりなどの貝類に多く含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6ですが、この栄養素はたんぱく質の合成を助け、皮膚などを丈夫に保つ働きがあります。また、つわりの原因であるアミノ酸の代謝不良を整える効果もあるので、妊婦さんには意識して摂取してもらいたい栄養素です。

レバーやマグロ、カツオなどに多く含まれています。

その他にもある?

他にも妊婦さんに意識して摂取してもらいたい栄養素として、ビタミンCがあげられます。この栄養度は、コラーゲンの生成を促す働きがあり、皮膚や骨、血管などを丈夫にしてくれます。

その他にも、免疫力をアップさせたり、鉄分の吸収を助ける作用もあります。妊婦さんは鉄分不足から引き起こされる貧血になりやすい人が多いので、鉄分と一緒に摂取するのが効果的です。

妊娠している女性にとって、ビタミン類などの栄養素は普段よりも多く摂取することが呼びかけられており、妊婦さんが摂ってはいけないビタミンというのはありませんが、摂取量が多いと悪影響になるものもあります。

過剰摂取が胎児の成長に影響を及ぼすことで、報告されているのがビタミンAです。この栄養素は、皮膚や粘膜、目などを丈夫にして、免疫力をアップさせてくれることで知られています。成長に欠かせない大切な栄養素ですが、過剰摂取によって胎児奇形が生じる可能性があるので注意が必要です。

妊娠しているママさんにとって、全てのビタミンを不足なく摂取することは胎児の成長のために重要なことです。葉酸サプリなどに頼って必要な栄養素を意識して摂取することが大切です。

 

コメントは受け付けていません。