妊娠時に葉酸が不足するとどのような影響があるの?

妊娠すると必要になる栄養素としてよく知られているのが、葉酸です。現在では妊娠中に葉酸不足にならないように、母子手帳などにも葉酸摂取の重要性が記載される事となりました。

では妊娠中に葉酸が不足してしまうと、どういった事が影響してくるのかご紹介します。

 

母体とお腹の中の赤ちゃんに影響が!?

葉酸は、野菜などに多く含まれているビタミンB群の一種です。ビタミンは体の中では、様々な栄養素の働きを助ける役割をしています。そのため妊娠中に葉酸が不足してしまうと、母体とお腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼす事となるのです。

赤ちゃんは、お腹の中で細胞分裂を繰り返して大きくなっていきます。

その細胞分裂に葉酸は、必要不可欠な栄養素となります。もう少し具体的に言うと細胞の中には核酸が存在していて、この核酸の一つの成分がDNAと言われる遺伝物質となっていて、同じ情報が親から子へと受け継がれていくものとなるのです。そのDNAが作られる時に働くのが葉酸であり、葉酸不足の状態ではその細胞分裂が行われる時に間違った情報を発信してしまう事となるのです。

 

葉酸不足によるリスク

特に妊娠初期には赤ちゃんの脳が出来るため、葉酸はとても重要な役割をするのです。万が一この時期に葉酸が不足していると、無脳症や神経管閉鎖障害などを発症するリスクが高くなるのです。しかし赤ちゃんはお腹の中でずっと細胞分裂を繰り返し行う事となりますので、妊娠初期以外にも葉酸を摂取する必要はあります。

 

葉酸不足で貧血に?

葉酸不足によって悪影響を与えるのは、DNAだけではありません。

実は葉酸は、血液のもとである赤血球を作るのにも必要な栄養素となっているのです。そのため妊娠中に葉酸不足になると、赤血球がちゃんと作る事が出来ないため貧血になってしまうのです。

貧血になると、酸素を運ぶ力が弱くなってしまった悪い赤血球が出来る事となるのです。血液は、赤ちゃんに栄養を運ぶ働きをします。

貧血になってしまうと、その悪い血液を通じて赤ちゃんに栄養がいってしまうため、十分な栄養と酸素が送られなくなってしまうのです。

赤ちゃんは体が大きくなるにつれて、たくさんの栄養も必要になってきます。そのためには、健康な血液を作るために葉酸をしっかりと摂取する必要があるのです。

1日400マイクログラムの葉酸を摂取する必要があるため、毎日野菜を食べる事はとても重要です。また葉酸は熱に通す事で、半分の量に減ってしまいます。そのため調理するならば、2倍の量が必要となるのです。

食べ物で摂取するのが難しい場合には、サプリメントなどもありますので、それらを活用するのもいいかもしれません。

 

 

 

コメントは受け付けていません。