妊娠中の無理な体重管理やダイエットには注意!

妊娠中は食欲も増し体重も増えがちです。胎児や母体のためには体重管理が必要ですが、体重が増えすぎたからといって無理なダイエットは危険です。

普段とは違う妊娠期の体重管理には、ウォーキングなどの軽い運動や上手な栄養素の摂取がオススメです。

 

過度な体重の増加はヤバイ?

かつては妊娠したら赤ちゃんの分まで二人分食べたほうが良いという風潮もありましたが、今では妊娠中に過度に体重が増えすぎると様々な弊害があることがわかっています。

しかし、赤ちゃんの分の体重のほか赤ちゃんを守るために体が脂肪を蓄えようとするため、どうしてもホルモンの影響で食欲は増加しがちなのも妊娠期です。

痩せ型の人でも、妊娠前から出産までの体重増加は10キロ程度が理想とされ、肥満体型の人では6キロ程度とされますが、実は出産前には胎児やその周辺の羊水を含むと大体5キロほどになります。すると、痩せ型の人でも実質の体重増加は5キロ程度、肥満体型ではさらに少なく抑えないと適切な体重管理とはなりません。

妊娠後期になるとお腹が大きくなって動きが制限されるために、運動不足になるのも原因の一つです。しかし、無理な運動や1日に必要な摂取カロリーを大幅に減らしての過度なダイエットは良くありません

妊婦さんでも可能なように動きを制限したマタニティヨガやマタニティスイミング、公園での軽いウォーキングなどを上手に生活に取り入れることが大切です。

 

適切な体重管理は必須!

臨月近くになるまでお腹が目立たないほどスリムな妊婦さんは、低体重児を産む確率が他の妊婦さんよりも多いことがわかっています。逆に太りすぎの妊婦さんは、産道にも脂肪がついてしまい難産になる傾向もあります。

母体のためにも健康な赤ちゃんを産むためにも、適切な体重管理は欠かせません。

 

しかし、あまりにもストイックな食生活を送っていると非常なストレスになったり、反動で食べ過ぎてしまって逆に太ったりということが起こり得ます。十ヶ月という長い妊娠生活なので、栄養バランスや栄養素にこだわった食生活と、気分転換も兼ねた軽い運動が大切です。

食べるもので気をつけたいのが、一般にエンプティカロリーと呼ばれる、カロリーは高いのに栄養素は低いものです。白砂糖を多く使ったお菓子や、ファストフードがその代表です。

妊娠中だけでも、お菓子ではなく季節の果物を摂ることでおやつ代わりにしたり、ファストフードの代わりに自宅で作ったおにぎりで小腹を満たすなど、せっかく食べるならしっかりと栄養素を含んだものを摂取します。

また、むくみの原因になる塩分の取りすぎを防ぐこと、妊婦の栄養バランスの補助をしてくれる葉酸を意識して摂取することも重要になります。

 

コメントは受け付けていません。