合成葉酸は石油由来?合成葉酸はダメなの?

葉酸のサプリメントでも原料が天然素材が良い、合成葉酸は石油由来など様々な意見が飛び交っています。どうしても天然素材の方が体に良いイメージがありますが、実は合成葉酸の方が良いとされているのです。そこで葉酸の選び方やその理由について考察していきます。

 

厚生労働省は合成葉酸を推奨?

実は厚生労働省では天然葉酸ではなく合成葉酸を推奨しています。

なぜ天然ではなく合成葉酸を推奨するのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、キチンと科学的な根拠・理由があります。天然葉酸と呼ばれるタイプには「ポリグルタミン酸型」の葉酸が含まれており、この「ポリグルタミン酸型」はこのままでは体内に吸収されず小腸で「モノグルタミン酸」に変化して吸収されますが、大半が変化しないまま体外に排出されます。つまり吸収率が格段に低いので、天然葉酸ではなく既に「モノグルタミン酸」に変化されている合成葉酸を推奨するのです。この「モノグルタミン酸」は天然で存在しないので、人工的に造るしか方法がありません。

但し誤解がないように言いますが、天然素材じゃないから原料が石油由来とは限りません。多くの合成葉酸の原料は微生物からの抽出物になっており、石油も微生物が含まれているので誤解を受けるのかもしれません。注意する点として悪質なサプリメントメーカーもあるかもしれませんが、説明書きなどをキチンと読んで原料がどういった物で作られているのか過程も含めて一度チェックしてみるのも良いですね。

 

葉酸の過剰摂取に要注意!

ここで最大の注意点をご紹介!合成葉酸は吸収率が高いと説明しましたが天然葉酸は約5割の球種率で合成葉酸は約9割の吸収率と倍近く吸収量が違います。葉酸の過剰摂取は過敏症による発熱や蕁麻疹・ビタミン12欠乏症の診断困難などの怖れがありますので、用法用量を厳守します。

多くのママが天然成分の方が安全じゃないの?と思うかもしれませんが、天然イコール安全とは限らず農薬など有害物質や不純物が混入しやすい・アレルギーの原因になりやすいなどのデメリットがあります。又不純物を取り除く工程で化学物質を使用している可能性もあるので必ずしも添加物を使っていないとは限らないのです。

 

ポイントは合成か天然かではない!

また、合成葉酸でも高品質の純度の高いサプリメントもあるので、どちらかがダメでどちらかが良いとは言えません。天然・合成に関わらずキチンとした管理の元で製造や加工がなされているかが大事なポイントになります。つまり天然・石油由来が問題点ではなく不純物をキチンと取り除いてあるかどうかなのです。

多くのサプリメント販売サイトなどで合成葉酸を悪者の様に扱っていますが、信頼のおける製造元かどうかが重要です。

 

コメントは受け付けていません。