妊娠中期から後期には鉄分をしっかり摂るべき!

妊娠中期以降は妊婦さんの約半数近くが貧血や立ちくらみを起こすといわれています。

自分と赤ちゃんの2人分の栄養をバランスよく摂らなくてはならないので大変かもしれませんが、母子ともに健康な状態であるために、鉄分の役割や食材についてしっかり理解しましょう!

 

なぜそんない鉄分が必要なの?

妊娠中期以降になると、おなかのふくらみ方が初期に比べ大きくなります。そのため、必要となる鉄分の量も急激に増えるのです。お母さんの食べたものはそのまま赤ちゃんに送られ、身体をつくるもとになります。バランスよく十分な栄養を摂るように心がけましょう。

では、なぜ鉄分がそんなにも必要なのでしょうか?

妊娠中は赤ちゃんに十分な酸素や栄養を運ぶために、お母さんの血液全体の量が増えます。しかし、血液の量が増えても赤血球の量は増えません。必要量に達していなくても、赤ちゃんに優先的に送られてしまうので、貧血やたちくらみといった症状が出てしまいます。

貧血が重症であると、赤ちゃんに必要な栄養や酸素が届いていない可能性があります。貧血や立ちくらみを起こさないためにも鉄分をしっかり摂りましょう。お母さんと赤ちゃんは常に繋がっているので、自分の症状だから大丈夫とは思わないでください。

また、血液を運ぶ役割であるのがヘモグロビンであり、このヘモグロビンを作り出すのが鉄分なのです。鉄分はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても非常に大切なものなのです。一日の摂取量は、妊娠以前の頃に比べて約2倍近く必要といわれています。妊娠中、特に中期以降は普段の食事をより一層気をつけてください!

 

早い時期から鉄分をたくさん摂れば良いというわけではない?

妊娠中期から鉄分をたくさん摂取すればいいのかというと、そういうわけでもありません。また、蓄えられるのに時間がかかるし、単体ではあまり効果を発揮してくれないというのが事実です。そのため、食材を組み合せて、効率良く摂取することが望ましいです。

「ヘム鉄」と「非へム鉄」というのをご存知でしょうか?ヘム鉄は主に動物性食品、非ヘム鉄は主に植物性食品です。ヘム鉄は非ヘム鉄の倍以上の吸収率があるといわれていますが、動物性食品の食べすぎには注意が必要です。ヘム鉄の中でも鉄分を多く含んでいるのはレバーですが、レバーはビタミンも豊富です。ビタミンの過剰摂取は赤ちゃんに身体的な異常をもたらす可能性があります。このように、鉄分だけを考えるのではなく、その他の栄養素をしっかりと考えて摂取するようにしましょう。

 

鉄分の吸収率をあげる!

一番良い方法は、鉄分を多く含む食材と、その吸収率を上げてくれる食材を組み合わせて食べることです。

吸収率を上げてくれるのは、タンパク質やビタミンCであり、特にビタミンCには赤血球とヘモグロビンをつくる効果もあります。非ヘム鉄では鉄分の働きを助け、ビタミンCもたっぷり入っている小松菜や切干大根、ヘム鉄ではあさりや鰹、卵黄などが普段の食事で摂りやすいでしょう。

妊娠前はあまり栄養素の含有量は考えなかったかもしれませんが、母子ともに健康であるためにも普段の食事や栄養素のことをしっかり理解しておきましょう!

 

コメントは受け付けていません。