葉酸を食べ物から摂るには何を食べれば良い?

妊娠したい方、妊娠した方に必要な栄養は数多くありますが、その中で特に必要だといわれているのが葉酸です。

葉酸を摂取して元気な赤ちゃんを産もう!

でも、葉酸てそもそもどんな栄養なの?どんな食べ物に含まれるの?

 

緑黄色野菜には葉酸がたっぷり

葉酸というのは「葉」の字が付くとおり、キャベツ・小松菜・ほうれん草・モロヘイヤなど葉っぱ系の野菜に多く含まれている水溶性のビタミンB群の一つです。

一日に400マイクログラムの摂取をするのが望ましいと厚生労働省も推奨しています。

葉酸を摂取することによって無脳症などの赤ちゃんの先天性異常を大幅に低下させることができる、ということが確認されています。

妊娠成立、着床の時期に先天異常の多くが発生するので、妊娠前からの摂取が望ましいとされています。

では、一日に400マイクログラムの葉酸を摂取するには、どの食品をどれくらいの食べればいいのでしょうか。

先ほどあげた葉酸が多く含まれている野菜ですが、生の状態での含有量は多いのですが加熱や調理をすると葉酸の多くが失われてしまうのです。

キャベツは生で食べられますが、ほうれん草などは加熱調理をしなければ食べるのが大変です。ちなみに、ほうれん草は生の状態で8束分が必要で、食物からの体への吸収率が50%。

食べ物から一日、400マイクログラムの葉酸を得ようとすると、毎日大量の野菜を食べなければなりません。

 

レバーにも多く含まれる

20160214_13

葉酸は葉物野菜の他に、レバーにも多く含まれいます。鶏レバー、豚レバー、牛レバー。

レバーは栄養価が高く、鉄分も豊富で優れた食材です。

しかし、過剰に食べると脂溶性のビタミンAが体内に蓄積するために、過剰摂取となってしまうので注意が必要です。
また、妊娠前から積極的に葉酸を摂取していても、つわりなどで食べる事が難しくなり欠乏するかもしれません。お腹の中のあかちゃんの正常な発育には不可欠な栄養なので、きちんと摂取したいものです。

無事にあかちゃんが生まれた後でも葉酸は必要です。

産後の母親の体の回復、よい母乳を作るために不可欠なのです。造血ビタミンとも呼ばれる葉酸は母親の血液の原材料となり、血を作る細胞に深くかかわりがあるのです。

妊娠前、妊娠中、出産後に必要な量の葉酸をすべて食物から摂取するのは大変なので、欠乏症を予防するためにも葉酸のサプリメントで補給しましょう。

出産後、サプリメントの摂取をすぐにやめてしまわないで、しばらくの間は自身の体の健康のため、あかちゃんのおっぱいのために継続して補給するのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。