葉酸にはつわり軽減効果が期待できる?

妊娠が分かったときって、驚きと喜びでとても幸せな気持ちになりますよね。でも、そのあとすぐにやってくるつわりで、

『こんなにつらいの?』

『もういや!』

と、くじけそうになることも。このつわりを少しでも楽に乗り切るため、つわり軽減に効く葉酸について紹介したいと思います。

 

葉酸にはどんな効果があるの?

葉酸とは、ほうれん草などの緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれるビタミンB群の一種で、細胞分裂やDNA複製にかかわる栄養素です。普段の必要摂取量は150 μgですが、妊娠中は通常の2倍以上の400 μgの摂取が推奨されています。

水溶性のビタミンであることから食事だけで必要摂取量を摂ることが難しいので、サプリメントで補うことがおすすめです。

この葉酸は、つわり軽減や善妊娠中毒症の改、神経系の先天性奇形児の予防などに効果があることが分かっていて、特に、胎児の神経系が形成されたりつわりが始まる妊娠初期に、積極的に摂ることが重要といわれています。

つわりの原因の一つには、妊娠によって体内の葉酸が減少することもありますので、妊娠が分かったらすぐに摂取を始め、つわりが始まる前から予防しておくと良いでしょう。

普段はサプリメントが苦手だったり、サプリメントに頼ることに抵抗がある、という人も、つわりを少しでも楽にするため、そして、おなかの中の大切な赤ちゃんのために、サプリメントの力も借りながら意識的に葉酸を摂取しましょう。

葉酸を効果的に摂るには?

つわり軽減に効果のある葉酸を効果的に摂る方法をご紹介します。

葉酸が体内でうまく働くためには、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCやその他のミネラルが必要です。

つまり、葉酸だけを摂るのでは不十分で、他の栄養素と上手く組み合わせながら摂取することが重要です。

普段の食事を、この栄養バランスを考えて作ることは難しいですが、葉酸サプリメントなら、葉酸の他に必要な栄養素も配合されているので、栄養バランスに頭を悩ませる必要はありません。摂取量と栄養バランスの両方を考えても、やはり妊娠中はサプリメントを利用する方がよいといえますね。

サプリメントを飲むタイミングは、空腹時、つまり食間が効果的です。

ただし、体調が悪い場合や胃腸の弱い人は、食後にしましょう。つわりがひどくて食事がとれない場合は、サプリメントの量を控えたり、錠剤を砕いて粉状にして摂取すると、胃の負担がやわらぎます。

サプリメントの種類ですが、妊娠中に不足しがちな鉄分やカルシウムなどが強化されたものがあったり、味も何種類かありますので、自分の好みにあったものを選んで、飲み続けていきましょう。

 

コメントは受け付けていません。