葉酸サプリには早産や流産の予防に効果あり?

妊娠が確認出来て嬉しい反面、流産や早産のリスクに不安を感じる妊婦さんも多いのではないでしょうか?

そんな時に葉酸サプリに流産と早産のリスクが軽減出来る効果がある話はうれしい話ですよね。そこでどういったメカニズムで効果が期待出来るのか紹介していきます。

流産とは22週未満で胎児が育たない事を指しますが、原因は遺伝子異常や受精卵の染色体異常などが7割以上を占めています。

母親が健康体であってもリスクは解消されるのものではなく、母体が高齢になればなるほどリスクは高まります。ですが母親に原因がないと言われても対処法がないか探るのが親心ですよね。

 

葉酸サプリが流産のリスクを軽減させる理由

葉酸サプリが流産のリスクを軽減させる理由は、正常な細胞分裂を補助する働きと細胞の成長を促進させる働きが挙げられます。染色体異常は細胞の異常ですから、正常な細胞を生み出すのは重要なポイントになるのです。

そこで妊娠初期に服用する葉酸サプリが役立つのですが、葉酸は子宮膜も強化するので予防する効果が一層アップされます。また造血作用があるので、妊婦の血流をアップさせて子宮内部の血流も促進され胎児の成長をサポートするのです。

葉酸サプリを摂取するタイミングとして遅くとも妊娠を希望する1ヶ月前から摂取する必要があります。葉酸を摂取する事で自然に流産に対処する効果が得られます。妊娠しやすくするだけでなく妊娠継続で葉酸を摂取する必要性の高さが十分理解出来ますよね。

 

葉酸は早産にも効果が期待できる

葉酸は、流産だけでなく早産にも効果が期待できるとされる理由があります。早産の原因の多くは前期破水による場合が多く、破水を防ぐ為にも子宮を強化させる必要があります。子宮の血流をアップさせる事で子宮膜を強化し破水を予防する効果が期待出来ます。

食事で葉酸を摂取するのは至難の業なので、葉酸サプリを利用される方が多いと思いますが過剰摂取は悪影響がありますので用法用量を厳守して下さい。

 

その他にも造血作用が高いので、貧血など妊娠中のトラブルを解消する事も可能です。悪阻(つわり)の軽減にも役立つとされているので、流産早産予防だけでなく多くの効果が期待出来ます。

妊娠中は冷え対策が必要ですが、この冷えにも葉酸サプリの血流アップ効果が役立ちます。冷えると子宮が収縮しやすくなり、お腹が張りやすくなります。お腹が張ると痛いだけでなく早産や流産を招く恐れがありますので、妊娠中には注意したい事の一つですよね。

健康管理だけでなく安全な出産の為にも葉酸サプリで妊活しませんか?サプリメントで不安やストレスを一つでも解消できれば妊娠へ良い影響が与えられますよ。

 

コメントは受け付けていません。