【重要】葉酸サプリを飲んで湿疹や蕁麻疹・吐き気を感じたら要注意!

妊娠前や妊娠初期、授乳中などに摂取することが推奨されている葉酸サプリですが、人によってや摂取の仕方によっては湿疹や蕁麻疹が出ることがある場合もあります。そういった副作用が出た時はどうすれば良いのでしょうか?

 

なぜ葉酸サプリ?

a0002_009219赤ちゃんがほしい人は葉酸サプリを摂取すると良いと言われています。なぜ妊活中の人に葉酸サプリの摂取が推奨されているのか?ですが、赤ちゃんの脳の発育を助けたり神経をつくるのに葉酸が大きな役割をになっているからなのです。

妊娠が発覚したらすぐに摂取するようにと言われていますが、それでは遅く赤ちゃんの脳は妊娠6週目にはほぼ出来上がってしまうので、妊娠前から計画的に摂取することが望ましいのです。葉酸が不足するとどうなってしまうのかですが、神経管閉鎖障害を引き起こす可能性が高くなってしまうとされています。神経管閉鎖障害は赤ちゃんの脊髄がうまくつくられない障害で、障害児になる可能性や最悪死産になることもあります。

元々日本人は発生率は低いと言われていたのですが、食生活の欧米化などによって葉酸を含む食品の摂取量が減ってきたことで葉酸サプリでしっかりと補うことが必要になってきているのです。

しかし、葉酸サプリを摂取すると湿疹や蕁麻疹が出てしまうという人もいるのですが、そうなった場合は摂取を続けるべきかどうか難しいです。

 

葉酸サプリで蕁麻疹や湿疹が出た場合どうする?

妊活中に重要な葉酸サプリですが、蕁麻疹や湿疹が出た場合にはどうしたら良いのでしょうか。まず、そういった症状が出た場合に最初に見なおさなければならないのが摂取量が適切であるかどうかです。

厚生労働省が推奨する食事以外のサプリからの葉酸の摂取は1日400μgとなっていますが、1000μgを超えてしまうと過剰摂取になると言われています。

 

日本人の食事での平均摂取量は200μgと言われていますので、葉酸サプリを摂ってもあまり超えることはないですが意識的に葉酸を摂取するようにしている人や、葉酸の多い食品を摂取しがちな人は注意が必要となります。

それでも出てしまうという場合は、葉酸サプリの種類を変えたり量を減らす事も大切です。葉酸サプリの多くは科学的なモノグルタミン酸型の葉酸で、食事性葉酸よりも吸収が良くなっているのでその分過剰摂取になっている可能性があります。

なので、量を減らしたり、吸収が比較的穏やかな食事性葉酸のサプリに変えたりして様子を見るか、それでも駄目な場合は産婦人科医に相談するなどする必要があります。

 

コメントは受け付けていません。